お役立ち情報

insurance
ホーム>お役立ち情報

保険見直しのポイント

 

万一の場合に備えて加入する保険商品。突然働き手がいなくなったり入院した時に、給付金や保険金は本当にありがたいものです。

しかし、万一のリスクに備えるための保険料が、家計や経営を圧迫していては本末転倒です。保険料の負担が大きい場合は、保険の見直しを検討しなければなりません。

では、失敗しない保険の見直し方とはどのようなものなのでしょうか。Dブリリアントパートナーズからみた保険の見直しポイントをまとめてみましょう。

 

 

見直し時期のポイントは「変化」

失敗しない保険の見直しは、「変化のタイミング」を見計らうことです。具体的には、「ライフステージの変化」「収入の変化」「保険料の変化」の3つがあります。

「ライフステージの変化」とは、結婚、出産、自宅やサロンの購入、子供の独立、ご自身の退職などを指します。ライフステージが変化する時、生活の収支も変わります。この時、保険料を含めた保険全体の見直しが必要となってきます。

例えば、「結婚」するときには配偶者を持つわけですので、お互いが万一の状態になった場合に遺す保険金額を考える必要があります。保険金額は、子供がいない世帯であれば片方が当面生活できる額が必要です。子供がいれば、将来の子供にかかる教育費についても考えなければなりません。

 

 

死亡保障を適正額に見直す

ライフステージが変化したときが、保険を見直すタイミングであることがわかりました。ではどのように見直せばよいのでしょうか。

結婚や子供が生まれた場合、これから先にどのくらいのお金が必要なのかを算出して保険金額を決定しなければなりません。かといって、のべつ保険金額を高く設定してしまうと、保険料の負担が大きくなってしまいます。反対に、低すぎても十分な保障とは言えず、適切な見直しとは言えません。

反対に、子供たちが独立した、または経営からリタイアして事業承継した場合、ご自身の保険金額はこれまでと同様では高い保険金額となってしまうでしょう。

子供たちが独立したのであれば、万一の場合の養育費や教育費は必要なくなり、ご自身の葬儀代や相続を考えた保険金額への見直しが必要となってきます。

また、保険料が高すぎるという場合、その保険内容を見てみると保険金額が高額すぎる事例が数多く見受けられます。これは、ライフステージの変化に関係なく、高い保険金額のまま更新を続けてしまった結果です。

家を買ったときも、保険金額を見直すことができます。これは、家を購入する際に組んだ住宅ローンに付随する「団体信用生命保険」があるからです。

団体信用生命保険とは、契約者がローン払い込み途中に死亡した場合、残りのローン支払いが免除される保険です。この団体信用生命保険に加入しているのであれば、契約者が万一の場合でも住まいは確保されます。その分、他の生命保険の保険金額を低く設定して、保険料を削減することが可能となるのです。

適切な保険金額の算出は、それぞれのライフステージや未来予想図に合わせた金額を設定することが大切だと言えます。

 

 

入院保障を適正額に見直す

「人生100年時代」と言われる昨今では、死亡時の保障よりも生きるリスクに対する保険に注目が集まっています。医療保険や特定疾病保険がその例で、疾病での入院、手術を保障する三大疾病保険、がん保険、医療保険などがあります。

これらの保険は、指定の病気にかかった場合、生存中に保険金または給付金が受けられるもので、すぐ近くのリスクに備える保険です。死亡よりも身近なリスクのせいか、大きな保険金額、特約金額を設定しがちですが、そうすると保険料も高くなってしまいます。

さらに、一生涯保障が続く終身タイプに加入すると、一生涯の疾病リスクに対応できるとはいえ、やはり保険料は高額になります。その保険料を一生払い続けることができるのかも考えなければなりません。

医療保険やがん保険、三代疾病保険も、保障内容を見直して保険料を下げることが可能です。

日本で国民健康保険、社会保険に加入している場合、がんや脳卒中、心筋梗塞などで高額な医療費がかかる場合には「高額療養費制度」が適用できる場合があります。収入によって最低支払い額が定められており、例えば年収500万円であれば自己負担最高額は80,100円+(医療費-267,000円)×1%となります。

万一、収入がなくなったとしても35,400円までの支払いとなっているため、任意保険で賄う部分は、この高額療養費制度の最低金額のみで良いと言えるかもしれません。

しかし、がん治療や心臓病治療などでは、保険が利かない治療を受ける場合もあるでしょう。がん保険などの三代疾病保険の中には、先進医療も給付対象になっている保険商品もあります。古い保険には、この先進医療特約がないものや低い保険金額のものもあるため、見直しが必要です。

弊社にご相談いただければ、収入や受けられる公的サービスを鑑みながら、現状で最適な保険に見直すことのお手伝いをさせていただきます。医療保険は病気になってしまってからでは見直しが困難となります。早めに弊社にご相談ください。

 

 

見直さないほうが良い保険もある

これまで保険の見直しについて説明してきましたが、高い保険料の保険は何でも見直せば良いかというと、そうではありません。

保険には、終身保険、養老保険、個人年金保険など貯蓄性のあるものもあります。これらの中でも特に、80年代90年代に加入した保険は「お宝保険」といわれ、高い予定利率のものです。

このお宝保険は、マイナス金利の今日ではあり得ない高い予定利率の商品となっています。こういった保険は、解約したり、新しい保険に転換するのではなく、貯蓄性のある部分だけは残すことも検討しましょう。

例えば、90年代に500万の終身保険に4,500万円の定期保険がついた生命保険があるとします。更新時期が近づき、次の10年の保険料が高すぎることがわかり、保険会社から転換を勧められたり、解約して他の保険に加入するように勧められるかもしれません。

保障内容は加入当時より良い内容の保険があるため、見直し自体は良いのですが、すべてを転換または解約することはお勧めしません。

なぜかというと、この保険は終身部分がとても高い予定利率になっている可能性があります。今日では考えられない保険料で、500万の保障が受けられるようになっているのです。

しかも、払い込み満了時に解約すると、払い込んだ保険料を大きく上回る解約返戻金となっていると思われます。保障もある貯蓄と考え、できるだけ解約しない方向で考えると良いでしょう。

この場合の見直しとしては、定期部分のみを解約し、新しい保険に加入する方法があります。医療特約があれば、特約の内容を確認して、今日の医療事情に見合っていないものであれば別途新たな医療保険にご加入することの検討も必要となります。

いくら安心を手に入れるとはいえ、いつやって来るかわからないリスクに対して支払うお金が負担になってしまっては、今ある生活も円滑にまわらなくなってしまいます。

Dブリリアントパートナーズは、チーフの皆さまのライフステージをヒアリングし、「人生100年時代」に適した、適切な保険の見直しを行います。

「保険料が家計や経営に負担」、「最新の保険に変えたいけど保険料が心配」「老後の生活が心配」など、保険の見直しはDブリリアントパートナーズにお任せください。

ご相談に関するお問い合わせContact

FP事業及びMICE事業のご相談などお気軽に下記よりご連絡ください。
専任のコンサルタントが無料で懇切丁寧にご相談を承ります。