お役立ち情報

insurance
ホーム>お役立ち情報

安定したサロン経営にとって
生命保険は強い味方となります

 

サロンを経営するチーフの皆さまが万一の状態になった時、そのサロンの損害は計り知れません。さらに、通常時の経営に加えて一時金が必要となるケースもあります。

そんな時、経営者保険に加入していれば素早く現金を用意することができ、スムーズな業務移行が可能です。経営者自らの生活や経営を守りつつ、従業員スタッフへの生活保障、企業の成長発展にも役立てることができます。

では、法人保険・経営者保険にはどのようなものがあるのでしょう。種類とメリットについて見てみましょう。

 

 

企業のリスクを補う法人保険

法人保険は、会社が加入する保険です。生命保険と損害保険があり、従業員も被保険者になることができます

このうち生命保険は、命を保障する保険であり、経営者、役員、従業員の死亡リスクに備える保険です。保険の種類によっては生存退職金に備えることが可能で、経営者自身の退職金も準備することができます。

法人保険に加入することで、企業経営に必要な資金の損失に備えることが可能です。

具体的には、経営環境の変化による資金需要や債務の返済費用などの「事業保障資金」対策、役員の「勇退退職金・死亡退職金」対策、円滑な「事業承継・相続」対策、従業員の福利厚生を目的とした「福利厚生資金」対策です。

これらの保険に法人で契約することで保険種類や保険期間(払込期間)によっては、保険料を損金(経費)として計上できるため、法人税の軽減が期待できます。また、保険は必要な時に現金化しやすい金融商品です。預貯金で賄うには多額の資金と時間が必要ですが、保険であれば突発的な資金ニーズにも対応可能です。

 

 

経営者ならではのリスクに備える経営者保険

企業が抱えるリスクに備えるためには法人保険が最適であることはわかりました。では、サロンの経営者であるオーナー自身のリスクには、どのように備えたら良いのでしょうか。

経営者自身の死亡やけが、病気に備えるためには、通常の生命保険があります。この生命保険には、経営者向けの保険商品があり、経営者保険と呼ばれています。経営者保険は、死亡や病気けがの保障の他に、経営者自身の老後資金や相続資金を用意することができる商品があります。

具体的には、経営者が死亡した際にご遺族に対して会社が用意する死亡退職金や弔慰金「遺族生活保障資金」、経営者が入院、治療、介護等で働けなくなった場合の「長期療養資金」、そして、経営者自身の「退職金・生活資金」です。

このように、経営者が保険に加入することにより、資金調達が有利になります。資金を準備する保険としては「長期平準定期保険」「逓増定期保険」があります。

長期平準定期保険は、一般的な定期保険の保険期間が10年や15年に対して、保険期間が100歳までなど長期に設定されている保険です。

保険期間が長いため、勇退時期が定まっていない経営者に適した保険で、短期の定期保険と比べ保険料も割高となります。特徴として解約返戻金が貯まりやすく、保険期間終了前(退職時)に解約することで、その解約返戻金を被保険者である経営者の退職金とすることができます。

解約返戻金がピークの額に達していても、そのピークの期間が長く維持されることも特徴で、退職時期が決まっていない、資金の使い道が定まっていないなど、今すぐには必要はないけれどいずれ必要となる時のための資金準備のための保険であると言えるでしょう。

解約返戻金が貯まりやすく、保険料の二分の一を損金にすることが可能な定期保険であり、税効果を得ながら退職金を準備できる保険です。

解約返戻金をベースに一定の範囲内で借り入れが出来る「契約者貸付」があります。ある程度解約返戻金が貯まっていれば、解約することなく資金を調達することができます。

逓増定期保険は、加入から一定期間経過後に死亡保険金額が増加していく生命保険です。長期平準定期保険と同じように、経営者の保障と退職金を準備できる保険であり、支払う保険料の一定割合を損金とすることができます。

また、逓増定期保険は解約返戻金のピークを、加入から数年〜10年程度の間に設定することが可能です。長期平準定期保険では解約返戻金のピークが遅いのですが、逓増定期保険では短期の間に資金準備をすることが可能となります。

勇退時期が決まっている、サロンの新築などで資金を投入する計画があるなど、短期予想ができているチーフの皆さまに向いている経営者保険であると言えるでしょう。

解約返戻金のピークが早く来る逓増定期保険ですが、別の言い方をすれば、逓増定期保険は解約返戻金のピークとなるまでの期間が短く早いのですが、ピークの期間も短いということです。解約返戻金のピークを過ぎると、解約返戻率が急激に低下していく保険のため、解約のタイミングを逃すと解約返戻金は支払保険料を大きく下回ることもあります。

そのため、しっかりと計画することが重要です。弊社にご相談ください。

チーフの皆さまが保険に加入する際に考えなければならないポイントが3つあります。それは、まずはチーフの皆さまご自身の万一の際に起こり得るリスクに備えること。もうひとつが、相続対策として会社と遺族にお金を残すこと。最後に、チーフの皆さまご自身の退職金です。

また法人保険には上記に挙げた以外にも様々な種類があり、各々保障内容や保険期間、保険料の経理処理、解約返戻金のピーク時期などが異なります。

特に、法人保険や経営者保険では税効果がクローズアップされがちですが、税効果だけを考えて加入すると、保障が不十分になったり、保険の特徴をうまく利用できなかったります。

Dブリリアントパートナーズは、それぞれに最適な時期や保険金額をアドバイス、コンサルティングいたします。

法人保険は、チーフの皆さまにとっての強い味方となり得ます。保険を使った安心のリスク管理、資金計画は、弊社にお任せください。

ご相談に関するお問い合わせContact

FP事業及びMICE事業のご相談などお気軽に下記よりご連絡ください。
専任のコンサルタントが無料で懇切丁寧にご相談を承ります。